Fitness&Kur SPORTSFIELD official|フィットネス&クア スポーツフィールド ~関東地方を中心に展開するフィットネスクラブのオフィシャルサイト

SPORTSFIELD media

「カラダ再生 動ける体のつくり方」刊行 2015.10.30


矢野史也・待望の新著!
矢野史也の新著「カラダ再生 動ける体のつくり方 なぜ階段は後ろ向きに下りると楽なのか?」が、エイデル研究所より2015年10月30日に刊行されました。
”動けるカラダが未来を支える。”を合言葉に、カラダ作りのツボや、カラダの使い方のコツが解りやすく解説されています。

カラダ再生 動ける体のつくり方 なぜ階段は後ろ向きに下りると楽なのか?
単行本: 110ページ
出版社: エイデル研究所
発売日: 2015/10/30

welistという雑誌の取材を受けました。 2013.01


1月18日、デイサービス施設でフィットネス活動をする高齢者向けのwelistという雑誌の取材を受けました。
膝や腰に痛みを抱える高齢者に何かアドバイスをというのがテーマです。

雑誌welistの取材  ところが、体の使い方や、身体バランス回復させる簡単な方法で、動作がいきなり楽になることを体験したI記者は大変驚いた様子で、次から次へと質問が続き、何と2時間を超えるロングインタビューになりました。

最後にI記者が一言「これを短くまとめるのは大変だ~」

シニア向け生活雑誌の取材を受けました。2010.12

12月14日「もも百歳」の取材を羽生にて受けました。
もも百歳取材 回復法の実践 発行部数30万部を誇る季刊誌『もも百歳』の[体操のページ]に掲載される記事の取材を羽生にて受けました。

はるばる京都より来館された取材担当のN氏に、カラダのバランス回復を中心として、スポーツフィールド羽生スタッフの実演(?)を交えながら解説。

N氏も自らのバランスチェックを行い、不調の原因となっている筋バランスに対応する回復法を実践。
「個々に合った回復アプローチを行う事。」の必要性を感じていただいたようでした。

「定年時代」読者体験ツアー記事にて、紹介されました。2009.09


ホテルエピナール那須での身体バランス回復講座紹介記事。
「定年時代」9月下旬号の4面、ホテルエピナール那須・読者体験ツアー記事にて、身体バランス回復講座が紹介されました。

▼定年時代HPの記事
「定年時代」HP

羽生で雑誌の取材が行われました 2008.07

7月6日スポーツフィールド羽生にて、水中SPAT(水中操体法)の取材が行われました。
取材風景 取材風景 水中SPATとは、短時間で身体バランスを整えるテクニックです。
多くの人は大なり小なり「身体のゆがみ」を抱えていますが、SPATにより短時間でアンバランスが修正され、慢性腰痛が軽快したり、楽に泳げるようになるなどの効果も期待できます。
月刊コーチングクリニック9月号(7月26日発売)の特集記事「カラダリセット」の中で紹介される予定です。
なお、当日の様子は、コーチングクリニック編集長のブログでも紹介されています。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/cc-m/article/212

矢野史也・新著~道和書院より刊行!2008.06

ゆるみ筋&こわばり筋(クリックでチラシ裏を表示)

「ゆるみ筋&こわばり筋 のコンディショニング」(道和書院刊)
B5版2色刷:2,300円(税込)

スポーツやフィットネスによる運動効果を高めるためにも、優先されるべきは、身体のバランスを整えることではないかという考え方が本書のテーマになっています。
1部では、身体動作の要である骨盤にフォーカスし、姿勢や動作の観察からバランス回復に向けたアプローチまで。2部では動作性の向上につなげる身体操作、第3部では、私が高齢者指導で多用している操体法を中心とした集団指導プログラム、第4部ではパーソナルコンディショニングで活用している短時間骨格矯正法SPATの技術解説について触れました。
本書はヘルスフィットネス指導者を主な読者対象として書きましたが、多数の写真や図を用いていますので、健康づくりに興味をお持ちの方にもお読みいただけるのではないかと思います。

Amazonにて商品購入  セブンアンドワイにて商品購入

↑ PAGE TOP